2016年07月28日

魂の半覚醒による「空間」と「時間」の感覚の変容

マヤ暦における「時間を外した日」の真意と脳科学の最先端メソッド
で紹介した半田広宣氏の話に対する私の解釈である。


1469621767988.jpg

「過去から現在を見ているような感覚になってくる」


半田広宣氏が主張していることと、
私が思っていることが同じかどうか不明だが、
私なりに理解と説明は一応できるので記しておこう。

あくまでも私の解釈だが、これは文字どおり単純な意味ではない。


上記の記事でも書いたとおり、「今」というのは実は過去である。

つまり、理論的に説明すると、
この世は「結果の世界」なので、過去が投影されているのだ。


より的確に言えば、原因の世界が「過去」ということになる。

5次元の世界を「原因の世界」だとすれば、
半覚醒した意識の観点からすると、
「今ここ」に生きているということは、
過去から未来を見ているような感覚だと表現することはできる。


1469622610905.jpg

私は2010年に半覚醒してから、
意識が2つになったということを主張してきた。

これは精神分裂(自我の分裂)ではなく、
自我とは異なる意識(魂)の半覚醒を意味する。

(※魂が完全に覚醒したら自我も肉体も消滅するので、
覚醒している人間はこの世には存在し得ないことになる)


当時、そのようなことを主張しているのは、
私が知るかぎり他に誰もいなかった。

古今東西の聖者の言葉にも見当たらないし、
ヌーソロジーにもそのような話はなかったと思う。


だが、上画で半田広宣氏が書いていることは、
おそらくこれと同じことであると思われる。

人間とは真逆の方向を向いた反転した空間認識こそが、
自我とは異なる真我(魂)の意識なのだ。


つまり、魂の半覚醒というのは、
自我(3次元認識)とは別にもう1つ、
魂(5次元意識)を併せ持つようになるということである。

それは3次元意識の自我で5次元を認識するというのではなく、
5次元から3次元を見るような感覚が生まれることを意味し、
肉体の外側の世界(宇宙)を「内側」と感じるようになるのだ。


この世は投影の世界で、マーヤー(幻影)ともいわれているが、
それは即ち、魂の内部世界であり、魂が見ている夢なのである。

故に、肉体の外側の世界そのものを「自分」と感じるようになり、
必然的に自己犠牲的な人類愛にも目覚めていくことになる。


話が少し飛躍したが、少しシンプルに説明しよう。

通常、人間の意識は「頭」に存在するが、
半覚醒すると「胸」にも意識が存在するようになる。

頭の意識を自我(3次元意識)、
胸の意識を真我(5次元意識)と言ってよいが、
胸に真我の意識が芽生えた分だけ、
頭の自我の意識が希薄になるということである。


的確にいうと胸に芽生えた真我の意識は、
実際には肉体の外側に遍在している感じで、
その意識や認識を心臓が受信している感覚なのだ。

従って、「我が意識ここに非ず」のような状態で、
肉体に魂が宿っていないことを自覚するのである。


即ち、肉体の内側から外側を認識するのが自我(3次元意識)で、
肉体の外側から内側を認識するのが真我(5次元意識)だといえる。

その両方の意識と世界認識を同時に持つことが私がいう半覚醒で、
オコツトや半田広宣氏がいう変換人と同様の意味合いだと思われる。


それによって「自己と他者」の関係性や「自己と世界」の関係性は、
普通の人間とは全く異なった感覚に変容するということであり、
天動説から地動説への変遷以上の世界観の激変だといえるのだ。

ちなみに数年前までの私は「魂は宇宙の外にある」と主張していたが、
近年は「宇宙が魂である」という考えになってきている。


2年前にKan.氏の『時空を超えて生きる』を借りて読むと、
この2つの意識(2方向の意識)のことが書かれていたので、
当時の記事で紹介しているので読んでみて頂きたいと思う。

私が主張してきたこととKan.氏の話が、
同じものであるかどうかは少し微妙だが、
類似していることは確かである。

2つの「私」とダブル・アテンション



にほんブログ村
posted by ZERO at 07:10| Comment(2) | 意識進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたは神の子ですハレルヤ!
神のみが唯一の原因です
Posted by p at 2016年09月19日 12:19
pさん、こんにちは。

あなたも神の子ですハレルヤ!
結果もまた神ですね。
Posted by ZERO at 2016年09月21日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。