2015年09月27日

潜象界と現象界を繋げる

オコツトの話に戻るが、
人間型ゲシュタルトを解体する為には、
空間に潜在化している本当のカタチ(空間の幾何学)
を見出さなければならないということだった。

「空間の幾何学」と言われてもイメージ困難だが、
Kan.氏が次元の旅で次元が上がっていく時に、
幾何学の世界を通るという話を紹介した↓

次元の旅と意識の幾何学の世界


で、私にはまだ空間の幾何学が見えないと書いたが、
半覚醒して半年後の2012年01月02日の記事
5次元突破と初詣と今年の運勢
の中で、次のような記事を書いていた↓

「いつもの如く、宇宙を飛んでいたのだが、
超スピードではなくフワフワと飛んでいていた。
また、幾何学的な異空間にいるような不思議な感覚だった」



果たして、これが「空間の幾何学」かどうかは不明だが、
感覚的にそのようなものを感じていたことを思い出した。

さて、「空間の幾何学」が知覚化できることも大切だが、
Kan.氏が言う「潜象界」を知覚できるようになることも、
「真我の覚醒」と同等に重要なことであるようだ。

141481204210810056180_e3c03a32bfd41525bea2580e51c8cfe2.jpg

以前、「変換人の知識と思考様式」で潜象界の話を紹介したが、
潜象界についてもう少し具体的な説明を紹介しておきたい↓


虫や花は潜象界から来る


日本には「虫がわく」という表現があります。

たとえばハエが突然、部屋にいることに気付いたとき、
私たちは「虫は卵から孵化するもの」と習っているので、
「窓閉まっていたよね?どこから入ってきたの?」
と不思議がります。

実は虫は卵がなくても発生します。

もちろん外から入ってくることもありますが、
よくよく検証すると、
絶対ありえないのに虫がいるというケースがあります。

それは虫が潜象界と現象界を行き来しているから起きることです。

世界中で謎とされている、ミツバチが大量に失踪する現象
(蜂群崩壊症候群:2006年秋から始まった全米各地で発生している現象)
は、完全に次元移動です。

これは今の人間が潜象界との繋がりを自覚的に失っているが故に起こった、
人間の課題ともいえる現象です。

人間はミツバチと共生し、蜂蜜をもらって暮らしてきました。

しかし、それだけではなく、
見えない世界の情報を失わないための交流もしてきたのです。

ミツバチが大量にいなくなるのは、一種のメッセージです。
彼らは潜象界に戻ってしまいました。

それとは逆に、山の奥地にいたスズメバチが人里に増えてきました。

もともとスズメバチと人間は、
完全に世界を住み分けていた時代がありました。

これもミツバチと同様に、一種のメッセージと受け取るべきでしょう。

花は完全に潜象界から来ているので、花を見るだけで、
常に潜象界からの情報を受け取ることが出来ます。

いにしえで、花を見る風習が大事にされていたのは、そのためです。
しかし人間はどんどんそういった感受性を失ってしまいました。

人間の中にある花とのチャネル、ハチとのチャネルを
人間自らがカットしているといっても過言ではありません。


転載終了

141481204210810056180_e3c03a32bfd41525bea2580e51c8cfe2.jpg


密室の死体にウジが湧き、密封した生ゴミの袋に小バエが湧き、
虫が湧くことに納得できる人は多いと大網。

一般的に害虫はプラスイオンの多い所に発生すると言われていて、
確かに不衛生な家に害虫が多く発生するイメージがあるが、
マイナスイオンの多い山や森林にもクモやゴキブリが沢山いるし、
そのあたりはどのように理解すれば良いのだろうか・・・・・・。


それはともかく、2006年からのミツバチ大量失踪現象について、
2007年の夏頃の渡邊延朗氏のメルマガでも取り上げられていて、
水槽で買っている金魚の消滅事件も数多く報告されているという。

で、渡邊延朗氏の見解によると、
ミツバチや金魚などの小さな生き物から
アセンションが始まっているとのことだった。


だが、アセンションとは意識進化による次元上昇なので、
魂を持たないような生き物がアセンションするという話に、
些か懐疑的で基本的には信じていなかった。

少し検索して調べれば分かるので詳細は割愛するが、
現代は6500年周期の「絶滅期」であり、
自然界の動植物が激減の一途を辿っていて、
種の存続が危ぶまれる絶滅危惧種が増加し続けている。


つまり、天災などによる滅亡以外にも、
自然消滅に向かっている動植物が多いということで、
中でもミツバチは神隠しに遭ったように大量消滅し、
それによる食糧危機が非常に問題視されていた。

で、Kan.氏の話によると、
ミツバチは潜象界に戻っていったということで、
私は単純にその説に納得しているのだが、
人間も霊界ではない「潜象界」を極めて、
アートマン(真我)も存在しない世界との
繋がりを回復することが大切だと説いている。


続きの話はこのブログに相応しくないので、
興味のある方は以下の記事をお読み頂きたい。

瞑想したら怪奇現象が起こりました&怒っている人を黙らせる方法(その2)

t02200391_0220039113255109026.jpg

言霊発信装置の「超人クラブ」


にほんブログ村
posted by ZERO at 22:30| Comment(0) | 意識進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。