2015年08月07日

宇宙の法則に適う繁栄の道

引き続き、『THE GEDATSU』8月号の中から、
解脱会の法主の話を紹介しておきたい↓


「誰しも自分の価値観や生活信条は正しいと思っています。

それ故に自分と違う意見や異なった考え方には違和感を覚え、
特にそれが自分にとって不都合であったり、不利益な場合は、
それを否定し、時には排除したいと思うものです。

夫婦喧嘩から民族紛争まで、この世に争い事は絶えませんが、
その根本にあるのは自分の正しさを主張し、
自分と違う相手を責めるところにその主な原因があります。

しかし違いがあることは、一概に悪いことではありません。

あとえば新しい発想や企画などは、
違う意見を持つ者同士が交わす中で生まれてくるもので、
違いがあるということは、豊かさや新たな可能性を
生む多様性があることに他ならないからです。

むしろそれぞれが違う個性を発揮できる社会は、
本当の意味で自由で平等な社会と言えるでしょう。

金剛様は、人間に異なる個性や違いを持たせたのは、
協力して幸せになるようにという神の心遣いと説かれています。

そして、協力する秘訣は感謝の心にあると教えられています。

たとえ自分と違った価値観などを持つ人でも、
感謝の心で受け入れて協力すること、
それは宇宙の法則に沿った生き方です。

「呼吸ひとつさえ他人と同じ空気を吸ったり、また吐きつつ、
しかも共存に無関心で一人栄えようとは大きな間違いです。
何物でもその純潔にして神聖なる状態は、
総ての部分が相一致し、相協力する時代のみで、
故に宇宙の最高最初の法則である」
(ご聖訓第六巻55〜56頁)

共存共栄全世界の平和は、解脱会の求める大理想です。

大理想の実現の道は、自分の正しさに拘るのではなく、
違う個性を持つ人の存在に感謝して、
世のため人のために生きる中に実現されるものです。

それは宇宙の法則に適う生き方であり、自他共に繁栄する道です。
このことを忘れずに今日一日の感謝の心で生活させていきましょう」



転載終了

zengo_01-f4d94.gif


誰もが頭では分かっているであろう話だが、
結局は「感謝」が大切だということである。


ロゴストロンショップ「超人クラブ」
http://logostron.com/?n=zero-h

ロゴストロンシステムデータベース
http://nanasawa.com/logostronsystem/



にほんブログ村
posted by ZERO at 22:14| Comment(0) | 意識進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。