2015年08月06日

「解脱会」法主が説く解脱の道標

神田神社で『THE GEDATSU』8月号を戴いて参った。

150806_2221~01.jpg

極めて当たり前の内容で基本的なことだが、
現在このブログで展開している連載記事と関連する話で、
解脱会の法主が良い事を書いているので紹介しておきたい↓


平和な社会を足元から

真夏の太陽が海に山に田畑に降り注ぎます。

町も勢いを増し、人々は強い日差しに汗を流しながらも
エネルギッシュに活動しています。

今日と同じように、70年前の終戦の日も
太陽は強い光で地上を照らし、戦勝国も敗戦国も区別なく、
平等に一時の休みもなく生命のエネルギーを与え続けてきました。

日本における奇跡のような復興は、
全国民の総力によるものに違い有りませんが、
太陽精神に始まる大自然のご恩を忘れてはならないのです。

今月は「共存に無関心で独り栄えようとは大きな間違いである」
と、みさとしをいただきました。

地球上の動物、植物、微生物は共存により共に栄えています。
その大自然の循環の中で人間も生かされ生きているのです。

その相互扶助の厳然たる事実を心に刻み、
世の中に明示していかなければなりません。

戦後70年と言う節目に当たって、私たちは敗戦から復興、
そして世界有数の近代国家に至った大きな体験をどう生かすか、
重大な分岐点にいると感じています。

しかし、解脱を学ぶ者としては、
「共存共栄」「相互扶助」という不屈の伝統精神を重んじ、
時代の風潮に惑わされず粛々と、
「国土の大御恩法志天思難報」に始まる「三網五常報恩」を
修験実証し、徹底していくことが大事ではないでしょうか。

やはり、基に据えるのは1つ。
「心の軸を金剛様に合わせる」です。

私たちはいたずらに「南無解脱金剛」を唱えているのではありません。

心の底から金剛様に帰依し、心の底から金剛様が熱誠を込めて説かれた
「敬神崇祖」「感謝報恩」という解脱精神をもって、
世のため人のためにお使い頂く真の行いをしますと誓っているのです。

微力ながら足元からの平和を願って、
神仏への真の祈りと分け隔てない太陽の心で、
愛と思いやりに満ちた社会の実現のために、
もう一歩の努力をさせていただきましょう。

真夏にこそ湧く勇気があります。

人それぞれの立場を認め合い、尊重し合って、
先ずは家庭を大切にして身の周りの平和を次世代に繋げていきましょう。


転載終了

yjimageCADJ3SL6.jpg


まず、「太陽の恩恵を忘れてはならない」とのことだが、
太陽崇拝が「太陽瞑想」であり、
またそれによって太陽から霊的な恩恵、
すなわち魂の半覚醒を促進することになるのである。

「共存に無関心で独り栄えようとは大きな間違いである」
とのことだが、これは経済を一例に挙げれば、
「富の一極集中」は悪だということである。

お金もエネルギーであり、
本質的には誰もが無限億万長者だが、
現実の貨幣は有限であることを理解しなければならない。


今年は戦後70年目とのことだが、
終戦からもう70年も経ったとはとても思えない。

私はまだ生まれていなかったけど(笑)


三網とは「国土・父母・社会の恩」のことで、
五常は「忠・孝・仁・義・礼」を意味し、
端的に言えば「敬神崇祖」「感謝報恩」である。

「心の軸を金剛様に合わせる」とのことだが、
金剛様とは金剛力士(仁王)のことであり、
阿吽を聖書の中に見れば「私はαでありωである」
と語ったイエス・キリストのことである。

イエスが言う「わたし」というのは真我(魂)のことで、
「心の軸を魂に合わせる」ということ、及び、
魂の親(ハイヤーセルフ)に心の軸を合わせることで、
決して「金剛様」という名の外在神を信じることではない。


「敬神崇祖」「感謝報恩」が解脱精神とのことだが、
それはこのブログの初期でも繰り返し書いてきたことなので、
頭では十分理解している読者も多いとは思うが、
「敬神崇祖」の原点は両親への感謝であり、
実践(内観)による悟りこそが最も重要なことだと思う。


「世のため人のためにお使い頂く真の行いをします」
という誓いというか決意も内観で湧いてくる想いであり、
魂の半覚醒の大きな原動力となることは、
私の軌跡を見て頂ければよく分かることだ思う。

「微力ながら足元からの平和を願って」とのことだが、
これも結局は内観で潜在意識を浄化して、
太陽である魂(真我)の意識に目覚めることによって、
自らの想念界に平和を実現することこそが大切なのだ。


「人それぞれの立場を認め合い、尊重し合って」
というのも境界線の話に通じるものだが、
「先ずは家庭を大切に」というのも、
「ミロクの世の雛型」だと言っても過言ではない。

法主の話はまだ続くが、次回の記事に譲りたいと思う。



にほんブログ村
posted by ZERO at 23:41| Comment(1) | 意識進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国人か
Posted by at 2017年08月16日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。