2014年08月26日

意識進化を加速させる「クリヤ・ヨガ」でアセンション!

『あるヨギの自叙伝』に次のように書かれている↓


クリヤ・ヨガの科学

クリヤ・ヨガは、
人間の血液中の炭酸ガスを除去して酸素を補給する、
簡単な心理生理学的技法である。
この技法によって、体内に吸収された余分の酸素原子は
生命エネルギーに変換され、脳や脊髄の中枢に活力を与える。

ヨギはこうして静脈血の蓄積を止めることによって、
体内細胞の老廃を減少したり阻止したりすることができるが、
さらに熟練すれば、肉体細胞を完全に
エネルギーに変えることもできるようになる。

エリヤや、イエスや、カピール等の予言者たちは、
当時、クリヤまたはこれに似た技法を用いた大師たちで、
彼らはこの技法によって、自己の肉体を意のままに
物質化したり非物質化したりすることができたのである。

クリヤは古代伝来の科学である。
ラヒリ・マハサヤはこれを、彼の偉大な師ババジから授けられた。
ババジは、人類が長い間の暗黒時代に見失ってしまった
この技法を再発見し、その精髄を明らかにされた。
そして、改めてこれを、クリヤ・ヨガと名付けられたのである。

ババジはラヒリ・マハサヤに言われた。

「この19世紀の世に、わたしがお前を通じて
世界の人々に贈ろうとしているこのクリヤ・ヨガは、
何千年も昔、クリシュナがアルジュナに授け、
後に、パタンジャリ、キリスト、ヨハネ、パウロ、
その他の弟子たちに知られるようになったものと同一の科学である」


クリヤ・ヨガは、人間の進化を促進するための手段である

スリ・ユクテスワは弟子たちに説明された。

「いにしえのヨギたちは、宇宙意識の秘密が、
呼吸の制御と密接な関係にあることを発見した。
これは、インドが人類の知識のうえにもたらした不滅の貢献である。
ヨギ(ヨガ行者)は、呼吸を不必要にする独特の技法によって、
心臓の鼓動を維持するために消費されている生命力を心臓から解放し、
この解放された生命力を、霊的進化の促進という
より高い目的のために利用するのである」

クリヤ・ヨギは、意志を用いて自己の生命エネルギーを、
脊髄の六つの中枢(延髄、頸椎、腰椎、仙骨、尾骨にある神経叢)
に沿って上下に循環させる。

これら六つの中枢は、象徴的宇宙人間である黄道帯の十二宮に相当する。
この鋭敏な脊髄の周囲に、わずか30秒間エネルギーを循環させるだけでも、
人間の魂は微妙な進化を遂げる。

30秒のクリヤがもたらす霊的進化は、
自然のままに生活する場合の1年分の霊的進化に匹敵するのである。
人間の肉体は、全知の霊眼という太陽のまわりを回転する、
6つ内的星座(極の数にして十二)によって構成されており、
それらは、物質界の太陽および黄道帯の十二宮と相互に関連している。

こうして、人間はみな、内的宇宙と外的宇宙の影響を受けているのである。
いにしえの聖賢たちは、人間がこうした地上と天上の環境に支配されながら、
十二年を周期とする自然進化の道を歩まされていることを発見した。

聖典は、人間が脳を完全に発達させて宇宙意識に到達するには、
正常で健康な生活を続けたとしても百万年かかると断言している。
もしクリヤを、1日に8時間半で千回行ったとすると、
このような1日は、自然進化の1千年に相当する効果をヨギにもたらす。

すなわち、これを1年間続けると、
36万5000年に相当する進化が遂げられることになる。
こうしてクリヤ・ヨギは、自然が百万年かかってもたらす効果を、
賢明な自己訓練の努力によって僅か3年で達成することができるのである。

しかし、このような著しい進化の近道は、
もちろん、熟達したヨギのみが取りうることであって、
それは聖師の指導の元で、強烈な行から生ずる力に
十分耐えられるだけの肉体と脳を注意深く訓練して、
はじめて可能となるのである。



転載終了

20090515113425-a35e0.jpg


クリヤ・ヨガは以前から非常に興味はあるが、
私が日課として行っていることと似たようなものだと思う。

血液中の炭酸ガスを除去して酸素を補給するのは腹式呼吸。


そして、太陽瞑想やグランディングなどの瞑想で、
脳や脊髄の中枢や各チャクラにエネルギーを循環させている。

また、27歳の時から仙道修行を始めたが、
周天法という気功瞑想の「小周天」でも、
頭→喉→胸→丹田→会陰→脊髄→頚椎→頭
という順にエネルギーを循環させる。


これは不老不死の仙人になる為の基本的な修行なので、
クリヤ・ヨガと類似していて当然だと思う。

私はクリヤ・ヨガの詳細は知らないが、
それによって飛躍的に意識進化が加速し、
アセンション(肉体の削除)も自在にできるようになるという。


だとしたら、私は今まで気づいていなかったが、
「周天法」も意識レベルを高める効果があるはずである。

仙人も不老不死の変身体となり、
「白日昇天」という肉体の削除を行うことからも、
やはりクリヤ・ヨガとの類似性を感じる。


私は何時間も周天法をすることはなかったが、
これを毎日長時間続けていれば、
いずれアセンションできるようになると思われる。

アセンション(肉体の削除)するということは、
魂が完全に覚醒した状態なので、
意識レベルは軽く1000を超越していることだろう。


多忙な現代人が、毎日何時間も「周天法」や
「クリヤ・ヨガ」を実践することは難しいが、
1日5分〜10分くらいなら続けられるだろう。

周天法には「小周天」と「大周天」があるが、
1日5分ずつの実践でも着実に意識進化は進み、
何もしないのと比べると雲泥の差ができると思う。

kjhgoij-597e6.jpg


クリヤ・ヨガを教えている所は多いが、
殆どがババジのクリヤ・ヨガとは関係ないそうだ。

ヨグマタがクリヤ・ヨガを教えているので、
以前から気にはなっていたが、
ヨグマタサイトから一部転載しておきたい↓


ヒマラヤ シッダー クリヤ瞑想

クリヤとは、アクション(行動)を意味します。
呼吸やムドラ、バンダというヨガの技法やアーサナ
(体を整えるヨガ)やさまざまな行為を通して、
エネルギーをコントロールするテクニックです。

これは、本を読むなどして自己流に行うのはたいへん危険です。
このテクニックは、内側深くに影響を与え、
何が起きるかわからないからです。
内側のシステムをよくコントロールできる、
それをよく知る人からの指導が必要です。

本来私たちは意識的に呼吸をコントロールすることができます。
呼吸とともにあるエネルギーは、
プラーナと呼ばれる生命エネルギーです。
プラーナには5つの種類があります。
ウダーナ、プラーナ、サマーナ、アパーナ、ヴィヤーナです。

サマディヨギ・シッダーマスターはこれをよく知り、
コントロールできるのです。
クリヤ瞑想はクリヤのテクニックで心身深くを浄める、
光の瞑想です。

段階を追ってヒマラヤ シッダー クリヤ瞑想法を実践すると、
心と体は安全に浄化され、内側は速やかに変容し、
心も軽やかになっていきます。
やがて、エンライト(悟り)に導かれていくのです。

シッダークリヤはベーシックコース、
アドバンスコースとレベルが上がるクリヤ秘法が含まれ、
心を浄め深い瞑想に導いて変容させます。
さらに合宿では本格的な修行となります。

当会のすべてのプログラムは、
すべて悟りへのプロセスが含まれています。
こうした実践を続けることにより、
常に安全に、変容をすすめていくことができます。



転載終了

IMG_0090_1.jpg


本が出ているようなので、入手して読んでみたい。
また、自己流は危険とのことだが、私はそうは思わない。

潜在意識が浄化されていない段階で、
坐禅や、無想無念になる禅的な瞑想を行なうと、
いわゆる魔境に入ったり、禅病になったり、
精神に憑依現象が起きたりする危険性があるので、
私は大丈夫だが、読者にはお勧めしていない。


だが、クリヤ・ヨガは素人が自分で行なっても、
危険性は無いに等しいと思われる。
しかし、やるなら自己責任で行なって頂きたい。

お金に余裕がある人なら、
ヨグマタの指導のもとで実践すると良いだろう。


先日からクリヤ・ヨガについて調べていると、
ババジのクリヤ・ヨガを伝授している団体があった。
http://www.babajiskriyayoga.net/japanese/initiations.htm


そこには次のように書かれている↓

「イニシエーションも他の活動もすべて
提案という形での寄付に基づいて行われています。
お金のために、ババジのクリヤ・ヨーガが
学べないことがあってはならないと考えていますので、
人々がお金を持ち合わせていない場所では無料で行われています。

日本の場合は、寄付という習慣に馴染みがないため、
セミナーの参加費は予め設定されています。
しかし、金銭的に余裕が無い方のために、
参加費の分割での支払いを受け付けています」



良心的ではあるが、
なかなか受ける機会がなさそうなので、
とりあえずは諦めるしかなさそうである。

興味がある人は書籍やDVDを見て頂きたい↓

書籍・DVD


少し長くなってしまったので、
「周天法」については次回の記事で紹介したい。


にほんブログ村
posted by ZERO at 02:23| Comment(4) | 魔法の呪文・瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、いつもお世話になっております。

>潜在意識が浄化されていない段階で、
>坐禅や、無想無念になる禅的な瞑想を行なうと、
>いわゆる魔境に入ったり、禅病になったり、
>精神に憑依現象が起きたりする危険性があるので

その通りだと思います、何かしら結界を張るとかは
最低限必要だと思います。

小周天は、「法力御守」でやっています。
「法力御守」を丹田の場所貼ります。

肉体面、精神面の鍛錬にいいようです。

Posted by ひろ at 2014年08月27日 00:06
ひろさん、こんにちは。

こちらこそお世話になっております^^

法力御守は制作者の坊さん?のエネルギーか何かが封じ込められているのでしょうか?
Posted by ZERO at 2014年08月27日 01:45
おはよう御座います、お世話になっております。

*法力御守

巷で売られている大量生産の御守と違い、1つ1つ僧侶が丹精込めて作成しております。
法力御守は、氣を強力に発するある物質と、高波動の神木を特殊な方法で護符にし、その後、法力祈願にて入魂します。
とても強い氣を発しますので、パワーストーンや霊石で氣や波動の分からない方でも何かしら感じられると思います。少しでも氣感のある方でしたら驚くと思います。
⇒法力御守があれば、浄化、除霊が簡単に出来ます。この御守りで霊障は解消されると思います。
これで解消されない場合、土地による影響か、霊的ではなくただの病気です。
⇒負のエネルギー、邪氣、憑依の浄化ができます。
⇒法力御守の効力は半永久的です。大切に使用すれば、一生使用する事ができます。この御守りがあれば、他の御守や厄除け祈願などは、一切必要ありません。
普通の御守のように1年期限などではありません。
法力御守の表側より、強い氣を発し、裏側から邪氣を吸い取ってくれます。
体の痛みがある場合は、御守りの表面で撫でるとご利益があります。
常に持ち歩く事で、邪気や負のエネルギー(憑依霊含む)を吸収、排除します。
常に強い氣と、神木の高波動、祈願による法力エネルギーが出ていますので、食べ物の近くに法力御守を置くと腐りにくくなります。 密教法力パワーを実感下さい。※科学的な証明はありません。
手の間に法力御守を挟んで合掌すると、腕をグルグル氣が回るのが分かると思います。体内を真氣が循環します。(御守表側が左の手、裏側が右手にくるように挟んで合掌)
丹田の位置に御守表側を乗せますと、氣海丹田の活性化もしやすくなると思います。
※御守は強い氣を発していますが、これだけ強い氣でも感じ取れない方もいるかも知れません。

私は外出する時はいつも胸ポケットにいれています。

有難う御座います。

Posted by ひろ at 2014年08月27日 06:32
ひろさん、こんにちは。

このブログの読者は気功などをやっている人も多いですね^^

霊能者からの相談メールもたまにあります^^;

法力御守で小周天されていたのですか(驚)
ひろさんにピッタリのメソッドだと思います!
Posted by ZERO at 2014年08月29日 01:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。