2014年08月02日

ついに化けの皮を剥がしたローマ教皇と新たな宇宙の創造

暫く更新できていない弥勒神宮(666神宮)のブログに、
次のように書いている↓


『アイルランドのカトリック聖職者・聖マラキ(1094〜1148年)は、
歴代のローマ教皇に関する予言を100%的中させてきている。

そして、1100年代の当時から数えて112人目に
ローマ人ペトロが教皇の座に就き、教皇庁は終わると予言した。

ベネディクト16世が111人目だったので、
現在の教皇「フランシスコ」が最後の教皇となる。

つまり、フランシスコが西洋文明を崩壊に導く
「悪の反キリスト(悪の666の獣)」ということになる』


0138a36d.jpg


さっき、PCの受信メールを整理していると、
7月15日に読者から興味深いメールが届いていた。


船井幸雄氏の「にんげんクラブ」で講師を務め、
以前、スピリチュアル・精神世界ランキングで1位だった
鹿児島UFO氏の以下のブログ記事のお知らせだった↓


キリストは ルシファーの子であると・・・
ローマ法王が、衝撃の告白(-_-)/~~~!



これを読んで、ついに来たかと思った。

このような内容はメールではなく、
コメント欄に載せてもらった方が速く拡散できるので、
その方がありがたいと思う。


で、私の見解だが、イエス・キリストは確かに
ルシファー(救世神スサノオ)の顕現だったが、
ローマ教皇が崇拝するルシファーは、
スサノオの暗黒面である「悪のルシファー」で、
イエス・キリストとその教えに背くものである。

2009122904234469b.jpg


鹿児島UFO氏の最新記事

イルミナテイに入会するには??
反転する宇宙 地球維新◎最高法規
そして 千天の白峰先生 新刊!(^^)!



を見てみると興味深い本が紹介されていたが、
サイバー秘密結社の入会はコチラ


さて、半田広宣氏と中山康正氏の共著

『反転の創造空間《シリウス次元》への超突入! 
2013世界はグレンとひっくり返った』


「グレンと引っくり返る」
「半霊半物質」
「神一厘の仕組み」


など、日月神示のキーワードが盛り込まれている。


表紙に「人類はついに神そのものとなる」と書かれているが、
目次紹介でも次のように書かれている↓

『人間が創造主になる時代の最重要キーワード「反転」とは
(2013年のアセンションから始まった反転現象』



私はもともと愛読家だが、
5年前からは殆ど本を読まなくなった。

読書をする暇がなくなったというか、
読書に興味がなくなったというか、
基本的に何も読む必要がなくなったというか、
とにかく自らの意志で読むことがなくなった。


現在所有している数々の本や資料は、
ブログネタに保管しているだけで、
記事にしたら全部断捨離していくものである。

だが、この本は久しぶりに興味が湧いて、
読んでみたくなったので推薦しておきたい。

9784864711722.jpg


人間が創造主(神)になるとのことが、
現在の宇宙を創造したのも我々自身である。

今、自分が生きている個人的な宇宙ではなく、
人類共有の宇宙のことだが、
前宇宙の我々が今の宇宙を創造したのである。


それが聖書の「創世期」に登場する天地創造の神だが、
それが唯一神ではない証拠に、
聖書の神は「われわれ」と名乗っている。

その宇宙の終末期である現在、
半覚醒した変換人たちの意識や言霊が、
新たな宇宙(第8太陽系次元)を創世しているのだ。

我々は宇宙創造神である

dfgh.png


「2013年のアセンションから始まった反転現象」

とのことだが、アセンション(肉体の削除)はまだだが、
アセンション時代(覚醒期)に入ったということである。


その最重要キーワードの「反転」とは、
私がいう「内外反転の認識」と同種のものと思って良い。

その「認識(原因)」が世界を反転させる結果を生むのだ。


変換人は真我の視点で世界を認識するため、
「自分と宇宙の関係」「自分と他者の関係」について、
人間の自我(3次元認識)とは全く異なる世界観を持つ。

その認識力を読者が獲得することこそが私の目的である。


「2013世界はグレンとひっくり返った」とのことだが、
もちろんまだグレンとひっくり返ったわけではないので、
グレンとひっくり返る時代の幕開けが2013年だったのだ。

そのことは『日月神示』の暗号解読により、
以下の記事で発表している↓

日月神示が示す「ミロクの世元年」


また、去年の七夕にヤタガラスに誘われ、
半田広宣氏のトークライブ後の打ち上げで、
プチ対談に成功して以下の記事に載せているので、
是非とも読んで頂きたいと思う↓

「シリウス革命」と七夕の御用

七夕の宴と5次元アイテム

45757.jpg


あと、鹿児島UFO氏と白峰氏の共著で、
「今売れている本」だった『地球維新 解体珍書』の中で、
私の第1弾のブログ「神仙組1」のタイトルが、
1ページに渡って紹介されているそうなので、
以下の記事を参照してみて頂きたい↓

神仙組1の紹介記事とビッグニュース


菅田正昭氏という人も以前、
『出口王仁三郎の大予言』という本の中で、
神仙組1の記事について書いてくれていたそうで、
そのことは以下の日記に書いている↓

『出口王仁三郎の大予言』(菅田正昭著)


あと、エハン・デラヴィ氏の友人で、
5次元に関する本を出版するとかで、
私にインタビューするという話があったが、
私となかなか連絡とれないせいか、
今のところ話が消えたようになっている^^;



にほんブログ村
posted by ZERO at 04:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。