2014年07月20日

汝の悩みは妄想である!

テレポーテーションのKan.氏は、
『時空を超えて生きる』の中で次のように述べている↓


次々と問題が起こるのが三次元

次元が変わるとエネルギーのシステムが変わります。
三次元はドラマの世界ですが、ドラマを生み出す矛盾そのものが、
実は三次元のエネルギーの源泉になっています。

何も起こっていないところに不安定さが生まれ、
それが動きなり、動きが振動になって、
振動がモノを作り出します。

振動からすべてが成り立っているので、
これがやんだらドラマはありません。

動きを生み出す不安定さは、矛盾からやってきます。
もともと一つだったものが二つに分かれた時点で矛盾が生じます。

本当は一つのままが一番いいけれど、それでは何も起きないので、
矛盾が生じて、いろいろなことが起きます。

いいことも起きるし、悪いことも起こって、
解決しなくてはと思うから、悩みが始まります。

そうして、マインドの世界が誕生するのです。

解決しなくてはと思う人がいれば、
解決策もないのに「解決しましょう」と言い出す人もいて、
それでドラマが生まれますが、
そもそも三次元自体が矛盾そのものですから、
答えなどありません。

三次元はただ味わうだけでいいのです。

問題というのは、
何が問題なのかがはっきりすればいいだけのもの、
見極めるためにあるのです。

それなのに私たちは、問題が起こったら、
「何が起こっているのだろう?」
と問題を知る前に、解決しようとします。

「問題」をパン作りに例えると分かりやすいかもしれません。

パン作りでは、人間の役割は「練る」までであって、
「解決」は「酵母」の役割です。

パンは小麦粉と牛乳という種類の違うものを人間が混ぜて練り、
あとは酵母に任せないと、永久にただの固まりで終わってしまいます。

酵母の働きがあって、おいしいパンになるのです。

消化機能にしても同じことが言えます。

例えばブドウを食べたら胃や腸で消化しますが、
そこで酵素が働かなければ永久にブドウのままで、
エネルギーにもなりません。

人間には、酵母や酵素の働きは出来ないのです。
人間は問題を解決するために存在しているわけではないからです。

では、酵母や酵素の役割を、
この三次元では何が担っているのでしょうか?

それは時間と空間です。

おそらく地球が始まって以来、
自分に起こる矛盾を解決した人間はいないでしょう。

単に問題が起こった当事者の間で、時間が経っただけのことです。
時間が経てば人間は変化するし、物事も変化します。
そうすると、何となく解決した気になります。

それだけのことなのに、いつまで経っても
「解決しよう」ワールドの住人は後を絶たず、
皆でその世界を共有しています。

そこから目覚めましょう、というのが私の言っていることです。



転載終了

4899763875.jpg


船井流本物全力セミナー報告(1日目)に書いたが、
この時に「社長推薦図書」として紹介されたのが、
Kan.氏の著書『問題は解決するな』だった。

パラッと読んだ感想では、道教思想的な内容で、
私が書いている事と共通点が多かったということを書いた。


現在、エササニ王子に借りている『時空を超えて生きる』
のKan.氏のプロフィールを見ると、
やはり道教に伝わる覚醒の為の秘術「クンルンネイゴン」
の正統継承者とのことだった。

私は道教を学んだことはないし、
道教の影響を受けているということもないが、
私が悟った真理というのは道教に通じている。
(道教を説いている人の話と共通点が多い)


瞑想や内観の指導をビジネスにしている人たちは、
真我に目覚めたら、あらゆる問題が解決し、
喜びいっぱいの毎日になり、夢が叶って人生が変わる!

というようなキャッチコピーで集客をしているが、
これは現世利益で人集めをする宗教と同じ手口で、
欲望を煽って餓鬼禅をさせる悪徳商法だと言える。


だが、それで潜在意識を浄化して真我に近づき、
心身の病気が改善したり、様々な問題が解決したり、
喜びの多い毎日になり、夢が叶って人生が変わることは、
当然ながらいくらでも起こることだと思う。

そのような報告は読者からもたまに届くが、
私自身は真我に目覚めてから4年になるが、
これといって人生は変わっていないし、
釈迦やイエスの人生も変わっていなかったと思う。


また、Kan.氏も言っている通り、
3次元に生きている以上は、
何も問題が起こらないということはない。

釈迦やイエスも悟りを開いてからも、
様々な法難に見舞われ続けていた。


要するに、彼らも次々と問題が起きていたのだが、
釈迦も「問題を解決しろ」などとは説いていない。

空海も弟子からの深刻な悩み相談に対して、
「なるようになる」と答えたそうである。


私の人生にも何かと問題は起きている。
問題を起こしていると言った方が適切かも知れないが(笑)

私も自分の頭の考えや行動で解決しようとは思わず、
見通しの神に全託して安心立命の境地で、
何が起きても至福の境地を保っている。


とは言え、昨日もある読者に返信したメールに書いたが、
内心(というか自我では)ヒヤヒヤすることはあるが、
それも3次元ならではの楽しみだと思っている(笑)

私は五黄土星だが、五黄土星は波瀾万丈な人生を歩むそうで、
どのような人生を望むかは人それぞれだと思うが、
私は変化に富んだスリルな人生を冒険したいタイプなので、
必然的に星が定めた運命を歩んでいるのかも知れない。


貧乏はたいがい飽きてきたので、
近頃は最低限の安定を望むようになってたが……^^;

201008311900.jpg


「三次元はただ味わうだけでいいのです」

とのことだが、これはどのように解釈すればいいのか……。


いつも書いている通り、私は真我の視点から、
人間の私の人生という映画を観て楽しんで(たの死んで)いる。

その意味で、私は「3次元をただ味わっているだけ」だが、
その分、自我(マインド)は薄くて感情の起伏はほとんどない。


だが、Kan.氏が真我に目覚めていない一般の人たちを
対象に書いているという前提に立って解釈すれば、
自我の感情を味わって生きることを説いていることになる。

つまり、何か「問題」が起きたら、
ポジティブな感情でもネガティブな感情でも、
ただそれを味わうだけでいいという意味に受け取れる。


もちろん、苦悩なき人生に悟りなく、
苦悩が大きいほど悟りも大きくなり、
あらゆる問題は全て必然・必要・ベストで最善!

ということになるのだが、
Kan.氏は次のように述べている↓


「いいことも起きるし、悪いことも起こって、
解決しなくてはと思うから、悩みが始まります。
そうして、マインドの世界が誕生するのです」

「そこから目覚めましょう、というのが私の言っていることです」



「味わう」というのは、
マインドの世界に没頭することではないのか……。

Kan.氏がいう「味わう」の意味がよく理解できないが、
聖者カルキの以下の映像の話と同様の意味だろうか↓




「問題というのは、
何が問題なのかがはっきりすればいいだけのもの、
見極めるためにあるのです」



とのことだが、これはつまり、
現象(問題)の意味を「理解」することだが
それは内観による「直感」でしか理解できない。

ハイヤーセルフは、自分の分身である人間の人生を、
全て見通している守護神(魂の親)であり、
過去世の因果律に基づく現世の人生における
様々な苦難や苦悩も知り尽くしている。


そして、それ乗り越え、問題を解決する為に、
様々なインスピレーションを与えてくれているので、
自分の頭の考えを捨てて、直感に従うべきなのである。

世の中には、人生の苦悩に負けて自殺する人や、
精神障害の凶悪犯罪者になってしまう人もいるが、
運よくスピリチュアルに目覚める人というのは、
ハイヤーセルフの導きだと思うので感謝第一である。


ハイヤーセルフは5次元の存在なので、
神と呼んでもいい存在だが、
畏まらずにフレンドリーに語りかけると良い。

ハイヤーセルフの声が聴こえなくても、
いつでもどんな時でも決して見捨てることなく、
暖かく見守ってくれている守護神である。


Kan.氏曰く、問題は時間と空間が解決するとのことだが、
ハイヤーセルフは時空を超越した存在なので、
問題解決の時間を短縮させることも朝飯前なのだ。

まぁ、ハイヤーセルフは朝飯も昼飯も晩飯も食べないが(笑)

imagesCA2Q0YEG.jpg


マヤ暦が終わって2013年から
「覚醒期」に入っていると言われている。

魂の覚醒が加速する宇宙サイクルに入ったということだが、
そのためにはカルマを解消するべき苦難が多くなってくる。


つまり、様々な諸問題が浮上してくる可能性が高まるのだが、
内観しても理解できないことや腑に落ちないことは私にもある。

「過去世でそれだけのことをしたんだな」と思って受け入れ、
問題が解決したことを決定して、あとは天流れに任せることだ。


また、現象はそれ自体が「結果」でもある。

つまり、何か問題や不幸が起きたとしたら、
それ自体がカルマの解消の「結果」でもあるのだ。


従って、その問題を「原因」と捉えて解決しようとすれば、
実際にそれが原因となって新たなカルマを作ることになり得る。

いずれにしても、何か問題が起きたら、その意味を理解し、
反省と感謝をすることで問題の原因のカルマの根を浄化し、
その問題をクリアすることによって魂の進化が促進するのだ。

マルチョン.jpg


「汝の悩みは妄想である!」というタイトルについてだが、
これはさっきたまたま目にしたメルマガに、
「悩み正体は妄想」と書かれていたからである(笑)

3次元は幻想の世界なので、悩みも自我の妄想に過ぎない。


だが、3次元を現実だと錯覚している人に、
いくらそのようなことを言っても理解しようとしないので、
悩みから解放されることはない。

だが、私が高校生の時からの持論というか信念で、
悩みは悩むから悩みであって、
悩まなければ悩みではないと主張していた。


それに対して、
「そんな気楽なことを言っている場合ではなく、
真剣に悩んで考えなければならない時もある」
と反論されたことがある。

そのように悩みたい人は勝手に悩めばいいし、
その悩むこともマクロで見れば人生勉強である。


だが、幾多の輪廻を繰り返してきて、
最後の人生を生きている現代の多くの人たちは、
もうそのような人生には飽きてきたのではないだろうか。

覚醒者と呼ばれる人も、非覚醒者と同じように、
周期的に問題や災難は起きてくるものである。


しかし、覚醒者は幸福で、非覚醒者は自分は不幸だと嘆く。

その根本的な違いは何かというと、
ただ単に、起きた現象(問題)の捉え方だとも言える。


同じ出来事を体験しても、
覚醒者と呼ばれる人の意識の主体(真我)は、
常に5次元の至福エネルギーに包まれていて、
3次元での出来事を映画のように楽しんでいる。


非覚醒者は3次元を「現実」だと認識している為に、
日常の出来事に一喜一憂してしまい、
不満や怒りや恐怖や悲痛などのネガティブな感情が、
また新たなカルマとなって、
そのような出来事を次々と引き寄せることになるのだ。


嫌な出来事によって嫌な感情が出ると思うのは間違いで、
感情が「原因」で、出来事は「結果」である。

過去の嫌な感情が招いた出来事によって、
また嫌な感情を味わうことになるのであって、
それを理解して浄化するまでは同じことを繰り返すことになる。


そのことに気づかないまま人生を終える人も多いが、
現世でその潜在意識の法則を知った人は幸いである。

「頭では分かっていても……」という人もいるが、
頭で分かったのなら、
思い出す度にホ・オポノポノを唱えるなどすれば、
何もしないことに比べれば全く違うものである。


潜在意識をゴミ屋敷だとすれば、
毎日少しずつでもゴミの処分をするのとしないのとでは、
半年後、1年後、随分と違う様子になっているはずだ。

その潜在意識が投影された3D映像が、
この3次元の人間界なのである。


私には何一つ悩みはないとは言えども、
人間として悩みはあることはあるが、
思い煩うということとは無縁である。

また、覚醒したとか悟ったと言ったところで、
何も問題が起こらなくなるということはなく、
認識の仕方が変わるだけだということを理解して頂きたい。


もっとも、世界観が根底から変容するので、
現象に対する捉え方も普通の人とは全く逆になり、
問題が起きても問題ではなくなってしまうのである。

私は自分が抱えている諸問題や現状、
そして愚劣な私生活も公に露呈しているが、
誤解を恐れずにオープンにしている理由は、
覚醒者や聖者と呼ばれる存在のイメージを破壊する為でもある。

5022585.jpg


それでは、「悩みは妄想」というメルマガを転載しておきたい↓


心の学校アイジーエーです。

7月16日に発売されました心の学校 学長佐藤康行の電子書籍
『悩み解決「明快」答(上)』が、おかげさまで
Amazon kindleランキング第1位となりました。

33作品連続での第1位です。

http://www.mshonin.com/Admin/bin/1397/images/meikaitou.jpg

豪華特典がございますので
是非申請をしてくださいね。

====================
悩み解決「明快」答(上巻)
====================

ダウンロードはこちらから
http://mshn.jp/r/?id=0h5mh60097
----------------------------------

なぜ?
『悩み解決「明快」答』なのでしょうか。

じつは悩みの正体は、すべて妄想なんです。
事実とは違うものです。

迷いや心配ごと、とりこし苦労を
頭のなかで勝手にふくらませて、
妄想のままで、行動しない人が悩むのです。

でも、あなたにとって、悩みは必要です。
そして、必要な悩みは、
必要な解決策をちゃんと連れてくるのです。

大事なことは、相手や周りが変わるのを待つのではなく、
先に自分を変えること。

そして、行動することです。

先に自分を変えて、行動すると、相手や周りの人の心が変わります。

すると事態は解決に向かいます。

その結果、悩んだことが得がたい体験として、
あなたの財産になります。

それは人生にとって、第1に心の栄養、第2に行動の基盤、
第3に生きる喜びやヒントになるということです。


☆今回の豪華ダウンロード特典はこちら☆
------------------------------------
------------------------------------

7月29日(火)
19:00〜21:30開催決定!

『悩み解決「明快」答(上巻) 』の著者
佐藤康行の「特別講演会」に、
通常 47,250 円のところ、特別ご招待!

お申し込み
http://goo.gl/4QWyu5

人生の目的(使命・天命の発見)
経営・営業・男と女・健康・お金・教育など、

様々なジャンルで80冊以上の著書を書いている
ベストセラー作家佐藤康行が、
20週連続20作品アマゾンkindleで
総合第1位を記念して、特別講演会を開催致します。

今回の講演会が、あなたのビジネスでの繁栄、
人間関係の劇的な改善など、まさに人生を素晴らしく
輝かせるきっかけになる事をお約束致します。
------------------------------------

転載終了

image2wwe.jpg


私は電子書籍などダウンロードしないし、
講演会などにも行かないが、
一応オススメしておきたいと思う。

ちなみに、私はヨグマタのことも推奨しているが、
私の過去の記事が「名誉棄損」にあたるとかで、
削除要請があったので、今日、一部削除をした。


私の厳霊が発動して、今、東京は雷雨である(笑)


にほんブログ村
posted by ZERO at 19:29| Comment(3) | 意識進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
私も五黄土星の今年46歳です!
貧乏というか、借金のない生活がしたいです(笑)
いつも有難う御座います!
Posted by ひろ at 2014年07月20日 19:56
閣下おこんばんは(^O^)

本日、去年の今頃も行ってドイツから帰った旧友と20年振りの感動の再会を果たしたライブにまた行こうかな…と思っていましたが、月末まさかのフルタイム8連勤となり、今月はあと一日しか休日がなくなり、今日出かけるのはやめて、洗濯だの冷蔵庫の整理だの、トイレ掃除だのに明け暮れました(笑)(^O^)/

今日行こうかなと思っていたバンドは当て字で和風名前もついていて『雷音』(最近全く同じ名前のラーメン屋を発見)ともいうのですが、先ほど出演時間の辺りから雷雨になって来て『コレはモノホンかも知れぬ』と思いました(^◇^;)

しかし、もう出演時間も終わったであろうに雷鳴が… きっとアンコールに応えているのかも知れません(笑)(^O^)/
Posted by 隠れ千円(おぼんだま) at 2014年07月20日 20:39
ひろさん、こんにちは。

借金があるのは辛いですが、
借金ができるのはラッキーです^^
貧乏で借金できなかったら終わりです(笑)

こちらこそ、ありがとうございます^^


隠れ千円(おぼんだま)さん、こんにちは。

掃除洗濯の選択と実践ありがとうございます(礼)
Posted by ZERO at 2014年07月20日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。