2014年07月02日

正神と悪神の共同作業で創造される「六六六の世」

イルミナティの黙示録と大和魂の追記である。


「闇の権力」の真の役割は、
科学の進歩による物質文明の完成のために、
資本主義を生み出して経済で世界を支配し、
今度は世界恐慌を引き起こす計画を進めている。

そして、物質文明の完成が極みに達した現在、
素粒子という見えない世界の量子力学の世界に突入し、
今まで宗教で説かれてきたことが科学的に証明されつつある。


その超科学の認識によって、
半霊半物質の超物質文明の時代に突入することが、
「ミロクの世」へのアセンションということになるだろう。

従って、よくいわれているような、
物質文明が崩壊して精神文明が始まるというのは、
適切な表現とは言い難いと思う。


『日月神示』には次のように示されている。

「金では治まらん。
悪の総大将もそのことを知っていて、
金で世を潰す計画ざぞ」



だが、次の言い回しをよく読んで頂きたい↓

「金で世を治めて、金で潰して、
地固めしてミロクの世と致すのじゃ」


あたかも自分が悪の総大将であるかのような言い方だ。

つまり、正神(国常立尊)と悪神(盤古大神)は、
表裏一体の同一神で、棒磁石のN極とS極のような関係なのだ。

cc35532c704864f267f091d1dbe9e0999d25c3f4_97_2_9_2.jpg


正神「国常立尊」は艮の金神(国祖)だが、
悪神に対して次のような挑発的な発言をしている。


「今度はどうもこらへてくれというところまで、
後へひかぬから、そのつもりでかかって来い。
神の国の神の力を、はっきりと見せてやる時が来た」

「今度は神があるかないかを、
ハッキリと神力見せて、石屋も改心さすのぞ」



石屋とはフリーメーソン(自由石工)のことだが、
広義の意味で、ユダヤ財閥を筆頭とする「闇の権力」を指す。

艮の金神は、悪神及び、悪神が支配する「闇の権力」に対して、
善と悪の最終戦争「ハルマゲドン」の宣戦布告をしているのだが、
両者はあくまでも表裏一体の同一神であり、それを大神という。


出口王仁三郎は次のように述べている↓

「ユダヤは神の選民であるが、
艮の金神(国祖)が彼らを道具として使っておられる。
ユダヤは悪にみせかけて善をやるのや。
神は偽悪だ。悪に見せて大善をなす」



正神と悪神が表裏一体の同一神であることがよく分かるが、
ハルマゲドンの本質は地球生命体「ガイア」の内観なのだ。

人類の集合的無意識を「ガイア」と呼んでも差し支えないが、
1人1人がこの世界を自分の投影として映し出している以上、
それは自分自身の内観に他ならないのである。


故に、私は内観を「心のハルマゲドン」と表現しているのだが、
外側の世界が自分の潜在意識の投影である以上、
内観や言霊で潜在意識を浄化するかどうかで、
地球上で起こるハルマゲドンの規模が変わることになる。

もっとも、それは人類共通の体験なので、
当然ながら人類の集合的無意識の投影ではあるが、
自分が戦争などで被災するかどうかは自分次第なのだ。

666、.jpg


広義の意味では、ハルマゲドンは戦争だけではなく、
天変地異や日常の災難やトラブルなども含まれる。

その意味を理解して浄化するのが日常内観だが、
その意味ではハルマゲドンは既に始まっている。


また、9・11同時多発テロ事件以来、
第3次世界大戦の準備は進めらている。

第4次、第5次も計画されているそうだが、
それがどうなるかは我々の身魂磨き次第なのだ。


また、バシャールによると、
これから分裂するパラレルワールドで、
ネガティブな世界は核戦争で滅亡するそうだが、
ポジティブな世界に移行する我々は体験することはない。


だが、ネガティブを排除したポジティブではなく、
ネガティブを抱き参らせた陰陽統合の究極のポジティブとなり、

善(霊主体従主義)も改心して、
悪(体主霊従主義)を抱き参らせた善悪統合の「霊体一致」を、
理解しながら体得していくことこそが重要である。


文章にすると難しく思えるかもしれないが、
これは内観によって到達する生死解決(認識の完全化)である。


「神示で知らしただけで得心して改心出来れば大難は小難となるのじゃ、
やらねばならん、戦は碁、将棋くらいの戦で済むのですむのぢゃ、
人民の心次第、行ひ次第で空まで変ると申してあろがな、
この道理よく心得なさりて、神の申すこと判らいでも、
無理と思ふ事も貫きて下されよ、これがマコトぢゃ」

(日月神示)



にほんブログ村
posted by ZERO at 21:46| Comment(1) | 意識進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます(^O^)/

どうしても、つい

『ムムムの世』

と呼んでしまいます(^◇^;)(笑)
Posted by 隠れ読者(先生じゃありま千円) at 2014年07月04日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。