2014年07月01日

ビジネス(錬金術)によるZEROの支配計画

【LUCIFERの錬金術】というからには、
「ビジネス」のカテゴリーを設けてみた。

錬金術の本質は、魂を精錬して金(神)にすることである。

現代用語での錬金術は「お金儲け」を意味するが、
実際にビジネスによって魂を神に錬成することも可能である。


近い将来、お金が必要のない時代が来るとは思うが、
今は社会はまだ経済で成り立っているので、
最低限の収入がなければ生きていくことができない。

最近、経済問題についての悩み相談がたまにあるが、
私に相談されてもどうしようもない(笑)


多重債務で苦しんでいる人なら、
債務整理や自己破産をすればいいと思う。

そのようにアドバイスすると、
カルマがどうのこうのと言われるが、
それは自分の考え方次第だと思う。


今まで十分な利息を払ってきたのなら、
別に債務整理や自己破産をしても問題はないと思う。

でも契約に反するから……という人もいるが、
それは人間界での契約であって宇宙の法則とは無関係である。

10115684322.jpg


人間界のルールを基準にするなら、
多重債務者は「サラ金被害者」という扱いで、
債務整理や自己破産も「法律」で認められているのである。

私は個人的にサラ金から800万円の借金があったが、
3月に「消滅時効の援用」をして借金が帳消しになった。


過去にかなりの利息を払ってきているので、
それがカルマになるとは思わないし、
カルマになったとしても、
それを解消するだけのことは今までしてきたつもりで、
これからも形を変えて、そのようなことをしていく。

具体的に言えば、ビジネスで儲けて社会貢献をする。
構想は昔からの計画(念願)通りのことである。


借金はなくても、生活していく収入がないという相談もある。
それは私も同じことである(笑)

巷の内観セミナーなどでは、真我に目覚めると、
収入が増えたとかいう体験談がアピールされているが、
確かにそういうこともあるだろう。


だが、それは真我に目覚めたから金銭的に豊かになったのではない。

私も過去に何度経験があるが、
お金に困っている時に大きく意識進化したら、
予期せぬ大金が入ってきたりすることがある。


それは淀んでいたエネルギーが流れ始めて
金運が舞い込んでくるということであり、
あるいは、ハイヤーセルフが奇跡を起こして、
意識進化を応援している場合があると思う。

私は全てを見通しの神(ハイヤーセルフ)に委ねているので、
ハイヤーセルフには私の生活の面倒を見る義務がある(笑)


だから、極貧でありながらも、
奇跡的にかろうじて生活ができているのである。

まぁ、一般的な感覚からすると、
生活が出来ているとは言い難いが、
実際に今のところマンションを追い出されず、
電気も水道も止まっていないという奇跡が起きている。

金運の~1.JPG


まず、真我に目覚めたらリッチになるとか、
いろいろな願望が叶うとか……、
そのような御利益信仰目的で内観をするのを「餓鬼禅」という。

それは本末転倒で、意識進化から脱線する行為だと私は思う。
金銭問題も含めて自由自在になるのは、あくまでも結果である。


世俗で生きるヒマラヤ聖者の最高峰と呼ばれるヨグマタでさえ、
「夢を叶える」というキャッチコピーで金儲けをしているので、
何たることかと言いたいのである。

本格的にその道で生きていくのであれば、
その道で収入を得るのはやむを得ないが、
最低限の生活費以上の利益を得ることは、
許されることではないと私は思う。


金儲けは悪いことではないが、
金儲けが目的なら別の手段も模索するべきだろう。

これは私の個人的な価値観の問題ではなく、
宇宙倫理の問題だと思っている。


私は相変わらず極貧生活でその日暮らしだが、
いや、食事をしなくてもいいから何とか生きているが、
食事が必要な人が私の状況だったら確実に餓死である(笑)

私は「自分を捨てた菩薩行」という使命期間が、
とりあえず一応終わったのだが、
まだメンタルブロックが掛かっていて、
なかなか状況が変わらないでいる。


だが、徐々に変化はしていて、
これからビジネスによる世界征服が観えてきた。

で、景気回復とか言われているが、
実際には資本主義崩壊の大恐慌に向かっているので、
このブログでも経済問題を扱わずにいられなくなった。

Kongohjin.jpg


極貧の私が言っても説得力はないかも知れないが、
成功と失敗を繰り返してきた私だから言えることで、
共に豊かな生活を送れることを願っている。

どうしても生活に困っている人は生活保護を受ければいい。
私も生活保護を受けたいが、心身は健全なのでそれはできない。


あと、役所に「緊急小口資金」と「応急小口資金」があるので、
それを利用するのも1つの方法である。

私も明日、それを受けに行く予定だが、
詳しいことは日記ブログに書くことにする。


私の過去のビジネス経歴は以下を参照して頂きたい↓

21世紀型成功哲学「ルシファーによる福音書」



にほんブログ村
posted by ZERO at 23:44| Comment(4) | ビジネス・経済哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ZERO様、こんばんは。

2点質問があります。

>まず、真我に目覚めたらリッチになるとか、
>いろいろな願望が叶うとか……、
>そのような御利益信仰目的で内観をするのを「餓鬼禅」という。

私は悟りを開きたい(覚醒したい)と、ずっと望んできました。
理由は、幼少期から現在まで続いている辛く苦しい人生(と自我が思っている)から脱出するためです。明らかに御利益信仰です。
御利益信仰目的で内観しても、真我に目覚めることはないですか?
どのような理由だったら「餓鬼禅」ではないと言えますか?


>私は「自分を捨てた菩薩行」という使命期間が、
>とりあえず一応終わったのだが、
>まだメンタルブロックが掛かっていて、
>なかなか状況が変わらないでいる。


最近私は瞑想中に「覚醒したいと望んでいるのは『自我』なんだ」ということに気づきました。
自我は覚醒したいと望む一方で、覚醒することに抵抗しているのでは?だからいつまでたっても覚醒できないのでは?と気付きました。

私はメンタルブロック=抵抗だと思っています。
ZERO様は、ブロックを解除するための手段として、最も効果的かつ効率的な方法は何だと思いますか?

いつもありがとうございます!
Posted by 零子 at 2014年07月02日 20:47
零子さん、こんにちは。


私も幼少の頃から悟りを求めてきました。

悟りを求めなければ悟ることはないので、
悟りを求めることは悪いことではありません。

零子さんの辛く苦しい人生はなかなか驚愕ですね!
私もそんな環境だったら逃れたいと思います。

苦から逃れたいと思うのは自然な欲求なので、
それは御利益信仰とはいいませんよ^^;

御利益信仰というのは、自我の様々な欲望です。
苦から逃れたいと思うのは「欲望」とはまた違いますね。

私の場合は幸せな家庭環境で苦悩はありませんでしたが、
2歳の頃から悟りを求めてきました。

しかし、よく考えると、それも苦から逃れたかったのです。

2歳でそんなこと考えるか?と思うかもしれませんが、
実際に2歳の頃から、宇宙の外はどうなっているのか、
宇宙に外側があるなら、その外側はどうなっているのか、
さらにその外側は……

という感じで、空間の無限性について考えると、
呼吸困難になるほどの恐怖を覚えていました。

時間についても同じで、
時間の始まりや終わりのことを考えて、
ある時に宇宙が出来て時間が始まったとしたら、
その前はどうだったのか、さらにその前はどうだったのか……

また、いつか時間は終わるのだろうか、
ではその後はどうなのか、
時間には始まりも終わりもない、
その永遠性について考えると底知れぬ恐怖が込み上げて、
発狂しそうになっていました^^;

2歳の子どもに宇宙や時間という概念は普通はありません。
その頃は親からもそのようなことは教わっていません。

でも、実際に時空の概念を持っていて、
死に対してもそうでした。

その当時は誰かの葬式に行ったこともなく、
人間はいつか死ぬということは知識にもありませんでした。

しかし、死んだらどうなるのか、死に対する底知れぬ恐怖、
永遠に生きていたいけど、終わりがないことを考えると、
それも死と同等の恐怖でした。

母親に受胎する前の記憶があったので、
そのようなことを考えても不思議ではありませんが……。

そして、幼稚園も小学校も仏教系で、
自然に信仰心というものを持ち、
小学3年の頃には明確に、釈迦のように悟りを開きたいという
強い願望、目的意識を持って、それを追求してきました。

ところが、小学5年から道を大きく逸れてしまいました(笑)
しかし、それも必然で、それがなければ今の私は絶対にないです。


御利益信仰目的で内観しても、真我に目覚めることはないですか?

零子さんも、今までの人生の苦しみの原因を知って楽になりたい
と思うことは当然のことで、それは御利益信仰ではありません。

悟りを開く人というのは、
耐え難い苦痛を味わう運命にあるようです。

だからこそ、悟り(救い)を求めて、悟ることができるのです。

王子だった釈迦も、
城の外で貧しい暮らしをしている人々を見て苦悩し、
29歳で出家して苦行を重ね、苦行では悟れないことを悟り、
断食内観瞑想によって35歳で悟りを開きました。

とは言え、その悟りに到達するためには
苦行も必要なプロセスだったと思います。

だからと言って、長期間の断食や滝行などの苦行は、
必ずしも必要ではありませんし、する必要もありません。

零子さんの場合だったら、人生そのものが十分苦行です。


>「覚醒したいと望んでいるのは『自我』なんだ」

それは自我でもあり、真我の願いでもあります。

メンタルブロックを解除するための有効な手段は、
どうのようなブロックがあるのかを知ったら、
それを過去完了形で打ち消す自己暗示をします。

これは瞑想状態の時ではないと意味がありません。
いくら自我で打ち消しても潜在意識は納得しませんからね。

瞑想状態ではなくても、鏡を使えば効果があります。
そのことは今日UPする記事に書いています。

宜しくお願い致します^^
Posted by ZERO at 2014年07月03日 10:46
フイジカル

を 制御 制覇 して

スパーな人間

に!なれますね。
Posted by アフラポ at 2014年08月13日 01:40
アフラポさん、こんにちは。

スパーマンですね(笑)
Posted by ZERO at 2014年08月19日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。